商品リンクよりもショップリンクで稼ぐ - アフィリエイトで稼ぐヒント その解法と演習

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit

商品リンクよりもショップリンクで稼ぐ

物販アフィリエイトの場合、物量戦となるのはアフィリエイトをやっている方なら
よくご存知だと思います。

では、1ページに1商品の商品紹介というセオリー通りの方法で、膨大な商品リンクを
設定すれば、すなわち、膨大なページを作れば大きく稼げるかと言えば、ことは、
そう簡単ではありません。

→ 続きの前に稼げる情報ランキングヘ

僕のいう商品リンクの作成というのは、ASPの管理画面で生成した、商品画像リンク
だけを脈絡もなくペタッと貼るということではありません。

1ページを使って、ひとつの商品を自分の言葉で紹介して、リンクから提携サイトへ
誘導するためのページの作成のことです。

ある有名な方がブログで使える自動ページ生成ツールを開発し、無料サービスを
していますが、あれで、数百ページのブログを作って実際に稼げているという話を
聞いたことがありません。

というより、そのようなツールで構築したブログは検索エンジンに嫌われてしまって
いるのではないかと思います(笑)。

このFC2では、今のところOKのようですが、シーサーでは、禁止となってしまいました。

さて、話が本論からそれましたが、商品リンクが多ければ、それだけメンテナンス
が、大変になります。

僕も数千ページのウェブサイトを持っています。

構築にも気の遠くなるような膨大な時間がかかりましたが、リンク切れ商品の
チェックや入れ替えだけでも、また膨大な時間がかかります。

通常のビジネスマンの場合、コスト意識を絶えず持たないといけません。

アフィリエイトの場合は、コストは、それほどかかりませんが、形としては、現れない
「コスト」、つまり手作業による手間、それに費やした時間の「価値」を常に意識
しないといけません。

かけた手間に見合う報酬を得ないと割りに合わないということです。

100の手間で1の報酬も稼げないアフイリエイターが今だ、大半だと思いますが、
このようなことだけは、避けないといけません。

リンクシェアで提携できる「ニッセン」を例にとると、リンクシェアの管理画面で
生成した商品リンクによってモノが売れようが、そのリンク以外のニッセンの商品が
売れようが、報酬パーセンテージに変わりはありません。

おまけにリンク切れもおこしやすい。

となると、商品のリンク切れの心配やメンテのいらないショップリンクを活用する方が
効率がよいと思うのが普通です。

商品リンクなど一切なく、バナーも少なめで控えめにし、ショップの紹介だけに
徹してかなりの成功を収めているサイトが実際に存在します。

もちろん、紹介ショッブの数は、半端ではありませんが、商品リンクの手間から
比較すれば、はるかに効率はよいはずです。

ただし、この方法の場合、いかに、検索エンジンにヒットしやすい組み合わせ
キーワードを考えるかということが最重要課題となります。

----------------------------------------------------

【編集後記】

どうやら、いきおいは止まらないようです。

こんなノウハウを簡単に広めてもらっても、他のアフイリエイターが迷惑して
しまいますよね。
 ↓
マシンガンフログ乱射バラバラ殺人理論

この商材の製作者の大御所は、すでにこちらでも大ヒットを飛ばしています。
  ↓
ガバチョ!Auto page creator

→ もう一度アフィリエイト情報ランキングへ
関連記事

トラックバック

無料ブログSEOテンプレート

  • SEOに強い無料ブログテンプレート カエテンクロスSEOテンプレート
SEOに強い無料ブログテンプレート カエテンクロスSEOテンプレート

ワードプレステンプレート

Copyright © 2004-2014 アフィリエイトで稼ぐヒント その解法と演習 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。